忍者ブログ
システム堅【KEN】安定投資型FX自動売買の究極。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
システム堅【KEN】安定投資型FX自動売買の究極。
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

システム堅【KEN】安定投資型FX自動売買の究極。

システム堅【KEN】安定投資型FX自動売買の究極。




日本人は太古、貝や山菜を採って暮らしていました。
稲作を始めても、自然の恵みを集めてきて糧としてきました。

 貝のいる場所を探し、山菜の生える場所を覚え、
コツコツと食べ物を集めて子々孫々栄えてきました。

一方、アングロサクソン(白人)は大型動物を追いかけ、
狩り続けて生きてきました。

これって、FXに置き換えると、どちらのスタイルも有り得ます。

大きな利益を狙って命を張って果敢に挑んでいくか、
貝を拾うように安全に小さな積み重ねをするか。

過去の誰かが大きな獲物をゲットしたシーンを見ると
つい、真似したくなりますが、それは大きなリスクにトライし、
時の運を掴み、勝利した、ほんの一握りの成功者の姿です。

その陰にいる、累々たる敗者の存在を忘れてはいけません。

FXは欧米人よりも日本人にこそ向いていると思います。

世界中が称賛する日本人の特性、「コツコツ」や「勤勉」こそ、
FXの世界では大きな武器になり得るのです。

わたしはそう確信しています。

日本生産のシステム堅は、“狩猟型トレード”ではなく
“採取型トレード”の究極を目指し誕生しました。

 


 

システム堅【KEN】は、FX証券会社が提供しているMT4(MetaTrader4)上で
動作する、EA (Expert Advisor=自動売買プログラム)です。

プログラムが相場の状況を分析し、ポジションエントリーと決済を
自動で行います。

これから始めてFX投資を始める方は、MT4を提供しているFX証券会社に
口座を開設して下さい。

システム堅の設定はとてもかんたんです。

貴方のタイミングで運用の開始と停止を自由に行えます。

貴方がやることは・・・、

 1)証券会社をお持ちで無い方は口座を開設。
 MT4 が使えればどこでもかまいません。
 既存口座をお持ちの方は開設する必要は御座いません。

2)システム堅をインストール

3)資金を入金して自動売買を開始

以上、たったの3ステップです。

FXの自動売買投資がまったく初めての方でも、PCでコピペが出来る
程度のスキルがあれば運用をスタートできます。

 

 

ビッグバン馬券投資法 ロトファイナル ロトファイナル 横溝式ひきこもり改善プログラム メタトレーダーで自動売買EAを使いこなすための教本 山崎先生の 頑固な便秘にも負けない 自宅でできる便秘解消プログラム 心理カウンセラーが伝える復縁までの近道~女性版~DVD 特典付

 

システム堅のロジックの詳細は非公開です。

しかし、内容をまったく知らせないのでは信頼していただくことも、
納得していただくことも出来ませんので出来る限りの話をさせていただきます。

初心者の方には、専門用語で分かりにくいかもしれませんが、
こうして、大まかな公開をする事で、FXを深く学ばれている方や、
ベテランの方の目を欺くことは出こなくなります。

わたしが、騙しのEAを公開しない抑止にもなりますので、
少々お時間をいただき書かせていただきます。

また仮に、ここでの説明を理解し無くてもツールの運用には
何の障害にもなりませんのでご安心下さい。

システム堅は、
“投資資金に応じた適切なロットを指定するだけで
専門知識も要らず簡単にFX投資を始めることが出来る”、
簡単操作の自動売買EAですから。

まず、通貨は、ドル円の30分足チャートで動作します。

エントリーの決定には移動平均線、ポジションクローズの決定には
オシレータ系指標のウィリアムズ %Rというインジケーターを使用しています。

システム堅はこれらの指標よりマーケットの方向性(以下トレンドといいます)
を認識すると、トレンドの方向にエントリーします。

 

上のイメージは、堅がダウントレンドを認識してエントリーしたときのものです。

黄色の丸数字がショート(売り)エントリー、
水色の丸数字がクローズ(決済)を表します。

①でエントリーした後は思惑とおり下げつづけました。
結果Take Profitにヒットし30.0 ピップスの利益を獲得しています。

③でエントリーした後は、下げたあとに反転しています。
堅は④でナンピンを行います。

ナンピンとは買った(売った)値段より有利な価格でポジションを追加し、
平均売買単価を有利にする事です。

更にナンピンするときにロットを大きくします。

そうして有利になった平均売買単価から利益がでた⑤のポイントで
2つのポジションをクローズします。

③のポジションは5.5ピップスの損失ですが、④のポジションは14.7ピップスの利益で
更にロットも2倍(最初のポジションが0.01ロットの場合)なので、
14.7×2=29.4ピップスの利益です。

差引24.7 - 5.5 =19.2ピップスの利益を獲得しています。

以下⑦で30.0 ピップスの利益獲得、⑩で24.0 ピップスの利益を獲得しています。

ナンピンしたポジションを纏めて1セットと数えると、
4セットの合計で103.2ピップスの利益を獲得しています。

①から⑩の下落幅は50.3ピップスしか御座いませんが、利益確定と戻りでポジションを追加する事により、
実際の下落幅より約2倍のピップス数を獲得しています。

堅はナンピンをすると瞬時に平均売買単価を算出し30ピップスの
利益確定の予約注文を証券会社に送信します。

いざ利益確定で決済しようとしたときにブローカーとの通信が不通であったり、
サーバービジーでオーダーが通らないといったリスクに備えてのものです。

またパラメタでストップロス設定を有りにした場合、
オーダー時に10円下にストップロスを設定します。

堅が稼働している限り、ロジックの性質上ストップロスで決済されることは御座いませんが、
ご利用される方の中にはストップロスを設定したい方もいらっしゃると思いますので
このようにしてあります。

トレンドが永遠に続けばこのように利益を増やして行きますが、
しかし、トレンドはいつか必ず反転します。

トレンドの反転がいつくるか、それは誰にもわかりません。

 

PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne